テープライターの仕事をしながら感じたことをブログに書かせていただいています。テープ起こしの仕事に役立てていただけるようなお話も少しずつさせていただけたらと思っています。


by harmony2003
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:テープ起こし・出張録音( 3 )

出張録音してきた120分の会議を48時間でテープ起こし納品する仕事の休憩中です。

会場で録音するときは、本来ならマイクからダイレクトに録音するか、スピーカーから1、2メートル離れた所に置けばいいのですが、今回は会場も広いので4台の録音機を用意しました。ICレコーダーは前、2台のMDは右前と左後ろの対角位置、そしてカセットは自分の手元に置きました。20人以上出席されているとマイクをお持ちにならない方もいらっしゃいますし、同時に発言される方もいらっしゃいます。マイクからのダイレクト録音1台のみの場合は、マイクを使わない方の発言は聞き取り不能になってしまいます。でも、4台は別々の場所で録音していますからマイクがない方の声も完全に文字にすることができます。それと会場でパソコンに発言者名と要点をリアルタイム入力しているときに、マイクを使わない方の発言はほとんど文字にしているので大丈夫です。

わたしの場合は、別の人の耳で聞き直すという2人作業をしますから、120分の会議を48時間で納品するといっても品質を落とすことなく5、6回聞き直して納品することができます。わたしが起こしたデータを順次聞き直しの方に回していきます。聞き直してもらっている間に次の起こし作業と1度目の聞き直し作業をします。この作業を繰り返していきます。こうしてすべての起こしが完了したころには、最初に回していた聞き直しデータが戻ってきていますので、最終の聞き直し作業をします。そしてすべてのデータの聞き直しが終了した時点で、表記揺れチェックなど最後の仕上げ作業に取りかかります。

休憩も終わりましたから今からエンジンをかけて残りのテープ起こしをします。
[PR]
by harmony2003 | 2005-01-13 10:00 | テープ起こし・出張録音
継続してご依頼を受けている出張録音の会議が先日開催されました。発言者が20名以上の会議です。当日は録音機4台設置して、あとはノートパソコンで発言者表と必要なポイントの言葉を入力していました。

その会議の担当者さんから緊急で要点だけ欲しいというご連絡がありましたので、テープ起こしはまだ完成していませんので、誤字脱字チェックはまだですが当日リアルタイム入力したデータをお送りしました。

3時間の会議で約10分の休憩がありましたが、入力文字数は15,000文字ありました。ということは、1時間で5,000文字入力したことになります。時々、資料説明のときには資料のほうにチェックをしていたので指を休ませていましたが、すごく動かしていたのだなとデータ送信時の文字数チェックで驚きました。少しでもお役に立てる言葉を文字にできているでしょうか。その場で記録する大切さを実感しました。

付加価値のある仕事、わたしにしかできない仕事。それができれば音声入力ソフトがかなり発達してもテープ起こしのご依頼はお受けできるかなという気もしています。お客様に喜ばれる仕事を目標にこれからも頑張ります。
[PR]
by harmony2003 | 2004-12-10 14:15 | テープ起こし・出張録音

出張録音の話……3台

最近、出張録音のご依頼が増えてきました。基本は、録音機を3台持参していきます。

・2倍録音できるカセット(120分カットテープの場合は、A面だけで120分録音できるのでオートリバースによるテープ反転の空白部分がなくなります)
・ICレコーダー(ステレオ録音で5時間50分できるものです)
・MDレコーダー(LP2、LP4対応で、80分MDで160分、240分の録音ができます)

2時間の講演会の場合は、少し時間が延びても安心して対応することができます。でも会議によっては3時間になることもありますので、予備のMDを持っていったり、LP4で録音します。基本的には、2時間以上になったときにカセットは反転できないので、カセットを手元に置いて録音することが多いです。ただ、発言者が多い会議になったときには、もう1台MDレコーダーを増やして、離れたところの声を拾うようにしています。電池切れが一番怖いので、必ず新しい電池で録音するようにしています。

会議によっては、パソコン持ち込みで発言者表を作成しながらポイントになる言葉をその場で入力しています。春に購入したノートパソコンはバッテリー使用のときに画面の明るさ調整ができるので、3時間以上の記録も可能です。

複数台持っていくので完全なミスにはなりませんが、出張録音を始めたころの失敗談をいつかお話しできたらと思っています。
[PR]
by harmony2003 | 2004-12-08 17:46 | テープ起こし・出張録音